美弥るりか=次期花組トップ…?

※先に言っておくと、私は否認派なので花組トップ説を論破する雰囲気で記しています

タカラヅカの自担*1である美弥るりか様が花組トップになる、とかいう噂がグルグル回り始めた。

大半のオタクは"推しの名前でエゴサーチ*2"を毎日のようにしていると思いますが、例に漏れず私もしていて、最近の検索結果は「アラミス様のウインクで殺された」「アラミスがヤバイ」「アラミス様の色気」「アラミスしんどい」「花組トップ」「アラミス様が」「罪が深すぎるアラミス」「殺傷能力が高い美弥アラミス〜〜!!!」*3と、All for One感想ツイに紛れて花組トップ説が出てくる。

 

さて、花組トップ説の発生原因は、

花組
芹香 斗亜・・・2017年10月30日付で宙組へ組替え
※異動後に最初に出演する公演は未定です。

組替えについて | ニュース | 宝塚歌劇公式ホームページより 

のみであり、花組トップ説を掲げるオタクの言い分は「花組2番手スターの芹香斗亜が宙組2番手スターに収まるなら流石に柚香光が2番手スターになるのは早すぎるし(同期の礼真琴だって2番手スターだし現在のポジション的にも大抜擢ではない*4)タイミングとしてもディナーショー千秋楽翌日付で花組に異動では!?!?」らしい。

確かに、「明日海りおはポーの一族公演中に退団発表をするのでは…?」と散々言われていて(代わりに、あくまでもポーの一族が折り返し地点であり更に数作はトップを張り続けるのでは…?というツイートもちらほらあった)柚香光さんが2番手スターに就任した直後にトップスターになるのはあまりにも急すぎるから、美弥るりか様がポーの一族から加わって落下傘トップは有り得なくもない*5。け!ど!次回月組公演は既に発表されてて、それが、

ミュージカル・プレイ
『カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-』
~原作 伊吹 有喜『カンパニー』(新潮社刊)~
脚本・演出/石田 昌也

(前略)愛妻を亡くし生きる意欲を失った製薬会社の青年サラリーマン青柳誠二が、社の協賛公演を行うバレエ団への出向を命じられ、世界的プリンシパル高野悠が踊る冠公演「新解釈版・白鳥の湖」を成功に導くため、一癖も二癖もあるダンサーや業界人に翻弄されながらも、バレエ団のバレリーナ高崎美波との淡い恋や新しい仲間たちとの友情を支えに、様々な困難を乗り越え奮闘する姿を描くハートウォーミングな成長譚。(以下略)

月組公演 『カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-』『BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』 | 宝塚歌劇公式ホームページより 

で、絶対的2番手である高野悠とやらは原作本サイトの書評を参照すると(以下、高野悠に関する場面のみ抜粋)

上半期No.1の面白さ絶対保証!
藤田香織

(前略)

有明製薬は今回の社名変更のキャンペーンに「黒髪の貴公子」「世界の恋人」と称される世界的プリンシパル高野悠を起用していたのだが、その最後を飾るイベントとして、年末に高野が敷島バレエ団に客演する公演を特別協賛することが決定していた。(略)ところが、来日した高野悠は、早々に腰を痛め満身創痍であることが発覚。予定していた「白鳥の湖」の王子役を踊りきる自信がなく、脇役に回りたいと言い出した。しかし、公演は高野が主役であることを前提に企画され、大きな会場も既に手配済み。敷島バレエ団は現社長の娘・有明紗良がバレリーナのトップを担っているという縁で有明製薬から支援を受けている小所帯のカンパニーで、観客動員は期待できない。高野が主演しなければ、公演の成功は有り得ない状況だった。
(略)ダンサーとしての「限界」が見えてきた高野。運命の年末へ向け、6月から月日を重ねていく物語は、ある種、登場人物たちの「終わりの始まり」という一面もある。(略)高野も、そのほかの人々も、同様に自分の「価値」を問い続ける。求められていること、自分が出来ること。追い求める場所、追われる場所。才能、能力、自分の「居場所」はどこにあるのか――。

伊吹有喜 『カンパニー』 | 新潮社より 

そもそも宝塚全体で見ても、トップスターを除けば男役バレリーナ枠は美弥るりか様が第一筆頭であり、それに「黒髮の貴公子」だの「世界の恋人」だの「世紀の色男」に匹敵する冠が付いてる、ってことはやっぱり美弥るりか様じゃん!!!!!という訳です(というか花組トップ云々以前に"ダンサーとしての「限界」が見えてきた高野"の表記が退団フラグっぽくて怖い)そして次回月組公演の初日は2018年2月9日–––既に花組公演「ポーの一族」は開幕中–––なので、少なくともディナーショー千秋楽翌日付での異動は有り得ないジャン…?

 

仮に明日海りおさんがポーの一族の次作品で退団するとして、カンパニー千秋楽翌日(2018年5月7日)付の異動だとしても花組博多座公演*6(5月4日〜)には間に合わないし、月組ACTシアターor月組シアタードラマシティー公演千秋楽翌日(7月5日or7月9日)付の異動だとしても花組本公演(7月13日〜)には間に合わず、異動するならば月組本公演→花組本公演の異動になりそうだけど流石に単独主演1作のみでのトップ就任は無理では…?と思えてしまうので少なくとも美弥るりか様の異動及び花組トップは考えにくいと思います。

花組に関しては、しばらく明日海政権+専科から落下傘(候補としては華形ひかるさん)、柚香光さんは現状維持!という自論を叩き出しました。

 

【追記】

美弥るりか様が本当に高野悠役を演じるか確信を得たかったのでカンパニーを読了しましたが、どう考えても美弥るりか様一択だったので花組トップ説を掲げるオタクは早急にカンパニーを読んで!!それよりも(?)高野悠の相手役ポジションに当たる瀬川由依を演じるのが早乙女わかばさんか海乃美月さんか気になるし(女性内2.5番手ポジションである有明紗良は思いっきりバレリーナだから海乃美月さん…?*7)男性内3番手ポジションの水上那由多は月城かなとさんより暁千星さんの方がしっくり来ちゃうからどういう配役になるか不安だし(瀬川由依=月城かなと説は嘘でしょwwwwwって思ったけど想像してみると意外にも違和感がなかった)ヒロインを高崎美波に設定すると前半部分は思いっきり端折らないとキツいので早速カットされそうな場面がいくつも思い浮かんで既に辛いし*8美弥るりか様が高野悠であることを大前提として今からメチャクチャ悩みまくってる。兎にも角にも、カンパニーはメチャクチャ面白かったから観劇前でも観劇後でも読んで!ね!!!

 

 

カンパニー

カンパニー

 

 

 

 



*1:なんとなく"御贔屓様"という響きが根がジャニオタな私には合わなくて便宜上"自担"と呼ぶことにした。ちなみにマリウス葉はジャニーズの自担、恋汐りんごは女子ドルの自担

*2:厳密にはエゴサではないけど語呂が良いから、、、

*3:botと定期ツイとハッシュタグ芸を抜きにして要約するとマジでアラミス様が〜しか出てこない

*4:尚且つ仮に美弥るりかがトレード無しで組替えすれば同期の月城かなとが2番手スターになる

*5:ふと思ったけどイケコの新作オリジナル作品に2回連続出演って前例が無い

*6:既にDC主演は果たしたのでバウ主演ではないと判断した。トップコンビでのコンサートをバウで上演するのも考えられないことではない(キャパ的にはキツイが)

*7:ちなみに宝塚版ヒロインの高崎美波も女性内2.5番手ポジション。女性キャラだと圧倒的に瀬川由依が登場する(ストーリーテラーだから当然)

*8:思ってしまったからソッと記しておくと、カンパニーを読めば分かるけど高崎美波も高野悠と同じく退団しそう感が凄くて強いから集合日が怖い

輝く未来が見えた。

Sexy Zone presents Sexy Tour 2017〜STAGEに関する取り留めのない感想でもないようなものを、10周年の時に読み返してニヤニヤする為だけに。

 

 

まず、初参戦がSTAGEで正しかったなと心の底から思った。暦と経験値が伴ってなくてセクガル歴4年目にして今回のツアーが初参戦だったので、今まで参戦してなかった故の後ろめたさとか妙な申し訳なさを感じつつも。でも、ブルーレイで見たウェルセクに於いて映像演出と衣装だけが許せなかったから(もっと予算かけてよっていう怒り)実際に観に行ってたら悪い意味で裏切られた気分になってたと思うし、ウェルセク以前のライブだったら格差を目の当たりにして本格的に死にたくなってたと思うので(直視するのが怖くて未だにジャパンツアーすら買えてない)タイミングとして大正解だった。まあサマパラは行くべきだったけど!!(部活の都合で初日単願したら外れた)

 

今回のツアーは最初から最後までエンターテイメントとして最高得点を叩き出していて、映像演出も良し、衣装も良し、照明演出も良し、セトリも良し、個人個人のパフォーマンスも良し、空間演出も良し、ビジュアルは通常以上に良し。如何なる舞台やコンサートでも少しは感じてしまう個人的なストレスがまっっっったく無くて、本当に完璧だった。絶対に売れる、10周年の頃にはアジアで天下を取るのも夢物語ではない、そう確信することが出来た。

 

オーラスの幕が閉じるまで、正直に言ってしまうと不安で仕方がなかった。3年前、同じくゴールデンウイークの横アリが戻ってきても耐えられるよう心構えをしていた。当時のSexy Zoneも全員出演CMに映画主演に初冠番組に…とトントン拍子に売れそうで、“明後日から売れそう”感が決め手となって春先に錦戸亮からマリウス葉に担降りしたし、Sexy Secondの評判も横アリ公演の幕が開く前までは上々だったらしく、半年後か1年後には開催されるであろうコンサートに期待してて、そのコンサートに参戦することを夢に見ていた。が、Myojoのツアーレポを読んで戦慄した。なんだよSexy Family構想って。その記事を読んだ瞬間にイヤな予感がしたし、その予感は残念ながら的中してしまった。

私がSexy Zoneにハマった時期と現状が似過ぎていたからこそ不安だった。再び夢から押し戻されるのではないか、愚かだけど杞憂していた。でも、そんな心配は他所に、オーラスではマイナスな変更点が無いどころか、むしろプラスな変更点ばかりで、アンコールでは開演前に無配された薔薇が横アリを埋め尽くして運営サイドの愛も感じ取ることが出来たし、終演予定時刻から大幅に遅れて流れてきたレポを読んで、ああ、私の心配事は全て解消されたんだなって安堵感に包まれた。そしてKen Tea Timeの第2章宣言を目にして、紆余曲折あり過ぎたけど、まだまだ続いていく輝かしき物語の第1章に相応しい紆余曲折っぷりだったと流動化も込みで思えてしまった。いや、流動化は決して美化したくないんですけども!!(でも第1章にはサマステ74公演もセク松もドリボも否定せずに含まれてるって認識の上で美化してしまっても大丈夫なのか…?)

 

名古屋初日のレポでファーストコンオマージュを知って、即座に初ツアーの初回盤ブルーレイをアマゾンでポチったんですけど(13000円した)(どうしてセクシー鬱期に買わなかったんだ)参戦後、家に帰ってからホッと一息ついた数分後にJustいましかない!!!!!!!!って思い立って初めて再生したら、誰もかもピヨピヨしてて、全員が技術も荒っぽくて“ダイヤの原石”感が強いし、予算も全然足りなさそうで、それこそ冒頭の特効もアンコールと比べたらメチャクチャ弱々しくて、逆に5年間でこれだけ成長できるなら10周年にはどれだけ成長できるんだろう!?!?ってすっごくワクワクした。ウェルセクと比べても今回のSTAGEはレベルが格段と上だし、まるで指数関数みたいにグングン伸びてるのは確かで、再来年には先輩グループを呆気なく抜かしていって、文字通りのスーパースターになる日も遠くはないのでは!?という確信を更に得れた。

 

私はSexy Zoneが全世界に羽ばたく瞬間を見たい。というか絶対に見れるし、あっという間に頂点へ駆け上がっていく。自信がある。だから、私は如何なる時に羽ばたかれても付いていけるように必死で頑張る。具体的に言うと、勉強する。それしか今の私に出来る術は無い。自担から頂いた大切な幸せを自担に還元して、間接的にシェアするためにも、頑張らねばならない(自分の願望を自分の手で満たしたいという意味もあるけど、自担の夢の一部でもあるからね!!)

今日から私は来たるSexy時代に備えて全力でアップする生活を営むので、5年後の自分、誇り高きセクシーガールとしても胸を張って生きれる、自担の如く立派な人間になっててね。

ブログを始めてみる

こんにちは、16歳です。一昨日からセンチメンタル・ジャーニーになりました。

インターネット上でのハンドルネームは“アム”です。本名に少しだけ似てる。というか小学校低学年時代に氏名の上にフリガナを書いた際にユをムに間違えてしまったところから来てる。頻繁にハンドルネームは変えてるけれど、今日から5年ぐらいは変えないように頑張ってみる。

 

アイドルと舞台が大好きなので、そういう話をする予定です。

アイドルはSexy Zoneマリウス葉バンドじゃないもん!の恋汐りんごが主軸。でも、スタダやハロプロや二次元にも興味はあるし、ジャニーズは全般的に分かるし、アイドルに関してはオールマイティーでありたい。恥ずかしいことにSexy Zoneバンドじゃないもん!も現場に行ったことがないので、初現場の感想とかもここで残すぞ…!

舞台は親のスネをかじりまくって観れるだけ観てます。気づいたらタカラヅカばっかり観てるけどミュージカルもストレートも歌舞伎も観る。タカラヅカの自担は月組2番手スター・美弥るりか(2番手スターって言いたいだけ)なんですけど、トップ就任or退団のタイミングが私にとって都合の良い時期であることを願います。頼むから大学受験や就活に重ならないでくれ…!美弥るりか様が退団したら宝塚は追わなくなるんだろうなってぼんやり思う反面、一生追いかけ続ける可能性がジャニーズより高いので、結論としてはどちらにせよ後悔しない程度にファンをしたい。

 

ツイッターの趣味用アカウントをちゃんと稼働させ続けなくなってから1年ぐらい経つのですが、何かを思ったり何かが起こったりする度に趣味用アカウントを作成するも、誰をフォローしていいか分からず、その癖に自己顕示欲はそれなりにあるせいで壁打ちは続かず、結局は数日後にアカウントを削除する行為をかれこれ何十回もやってる。病的に。それでも、その時に思ったことを綴って保存しとけば少し経ってから見返すと楽しいって事は知ってるんですよ。だってたまに2年前に稼働していた趣味用アカウントのTwilogを見てみると面白いもんね。だから、ツイッターじゃなくてブログにしてみる。続けられるか分からないけど、感情や感想の捌け口にする。ツイッターは大学受験が終わってから考える。しばらくはここから愛を叫ぶ。