読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自担が生きてる事を目の当たりにしたSexy Zoneデビュー5周年ベストアルバム発売記念イベント東京3部

Sexy Zoneのイベントに行ってきた。

f:id:krmkchan:20170219011735j:imageすごく楽しかった。オールスタンディングかよ…って思ったし、身長が150cm未満だから予想通り埋もれたけど、本当に楽しかった。生きててよかった!!

ふまけん絶好調*1だったし、STAGEもオタクだけの空間では初披露で、コングラはサビを会場全体で合唱して、RTTのPVめちゃくちゃカッコよかったし、念願だったハマリウス〜〜!!!って叫ぶ事も出来たし、何よりも、私はマリウスの手に触れた。生きてた。

 

マリウスは風磨くんの真似をして眼鏡をかけてたんですけど、眼鏡をかけたり外したりを繰り返すのが本当に可愛かった。というか既視感!!って思ったら眼鏡をかけた汐りん*2に似てた(個人の感想です)f:id:krmkchan:20170218225023j:image少なくとも眼鏡のフレームはこんな感じ。

ふまけん案件に巻き込まれたマリウスも可愛かった。最初は風磨くんに絡まれて、それに反抗して、の通常運転な風マリだったんですけど、風磨くんが「俺とマリウスのそういう関係についてはまた今度…ってそういう関係って(笑)いや、、ファンの皆様は健人くんとくっついて欲しいとか思ってるんだろうけど、、まあ7回ぐらいチューしてるからね」(ニュアンスです)って言ってしまったばかりにケンティーが「いや9回だよ」と返し「マリウスの出現により春の大三角形が…」って言ってて「は、春の大三角形…?」って困惑した。最後は勝利さんが「このグループなんなの!?!?」って絶叫して締めてた(ふまけん絶好調だと最終的に佐藤勝利乙って結論に至っちゃうよね)
アルバム曲ランキングではトンチキ3部作であるスキすぎてとぶつかっちゃうよとHey you!が5〜3位を独占し、2位はSTAGEで1位はコングラ。コングラの最後にマリウスがナチュラルに聡ちゃんの頬を触って「アッ…これが噂の聡マリなのね…」って体感した。タイミングは忘れたけど、コングラじゃない場面でマリウスがナチュラルに聡ちゃんをハグしてて「そ、聡マリだ…!知ってる!!これを聡マリって言うんだ!!」って進研ゼミ状態に陥った。コングラで合唱したい!という話から「音楽の教科書に載るようになりたいね、世界に一つだけの花みたいに」って言ってて、Sexy Zoneの中には未だにSMAPがしっかり生きてて、いずれは絶対に抜かすぞ!って精神で活動してるのが分かって、スマヲタなわけではないけど、なんだかホッとしました。
そして次はRTTのMVとドキュメンタリーのダイジェスト。すっっっっっごく良かった。ドキュメンタリーの部分は目撃情報と答え合わせをしているような感じだった(“ハワイのビーチで寝っ転がってポテチ”は無かったけど)あ!ダイジェストにもふまけん案件はあるし聡マリもビッグバンって感じでした!!ふまけん案件の映像が映った時は本能的にギャーーー!!!!!って叫んだけど、聡マリのターンはOh…って心で受け止めてからキャーー!!!って叫んでた気がする。ちなみにドキュメンタリーの容量は90分以上!!ポニーキャニオン様ありがとうございます!!!*3 


どこかのタイミングでマリウスがケンティーを中島呼びして、その後マリウスがケンティーに「好きです」って告白してて(告白までの経緯をド忘れした)美絵流学園の春川×桃山だ!!!って興奮した*4のに誰も美絵流学園の美の字も発してなくて妙にシュン…ってなったよ、、、(ちなみにケンティー先生からの評価は「シンプル且つ王道で良い」)


最後に〆の挨拶。マリウスが急に期末テストの話題を出すから一気に現実に引き戻された。けど、「僕も頑張るから明日から皆さんも頑張りましょう」という事を言いたかったようで、マリウスは期末前なのに明日は大阪で、イベント以外でも仕事は無茶苦茶忙しくて、それでも学生としての義務は必要以上に果たしてて、自分は常日頃からダラダラ過ごしてるけどマリウスのファンとしてもビシッと頑張らなきゃ…!って思わされた。マリウスに見合う努力をしなければ、と思った(言うて帰ってから勉強せず布団に入ったけどな…)そしてラストは「みんな僕に〜〜???」\ハマリウス〜〜〜!!!!/で締め。全力で叫んだ。3年越しの夢が叶った。来年も叫ぶために、明日からも頑張ろうと思った。マリウスの次に挨拶だった勝利さんが「俺もこういうの欲しい…」って拗ね気味で成人男性であることを疑いたくなるぐらい可愛かった。

 

最後!イベントの醍醐味であるハイタッチ。早いんだか遅いんだか丁度良いスピードなんだか、よく分からない速さだった。ケンティーにはケンティーだ!!!って思ったし、勝利さんにはウワ…カオガキレイダ…って思った。聡ちゃんはちゃんと目線を合わせて「ありがとう」ってしっかり言ってくれて、良く出来たアイドルさんだなあって感心した。

そして、マリウスですよ。手と手が触れた時にちゃんと感触があるし、アッ存在してる…ってようやく思った*5。何を言おう?とか考えてたけど結局は「生きてる……!!」しか言えなかったけど、マリウスには「大好き」って言ってもらえたのでハッピーです(会話として破綻してるし、私に言ったかすら怪しいですが)

申し訳ないけどマリウスの次だった風磨くんは記憶は無いわけではないんだけど記憶にモヤがかってるように思い出せない、、、

 

 

総括すると本当に楽しかったし、初めてのセクシー現場が5周年記念イベントで大正解だったと胸を張って思える。マリウスのファンとして恥がないように、そしてまたC&Rが出来るように、精一杯頑張って生きよう…!って誓いました。

あとクッッッソどうでもいい自分の話なんですけど、接触イベで感極まって号泣するタイプじゃないオタクなんだな…って判明しました。アレ?もしかして私ってハイタッチした時に泣かないセクガルなのか?って薄々感づいてはいたけど本当に泣かなかった。宝塚の出待ちでは泣いた事がないからお茶会*6に行っても泣けないんだろうし、女子ドルの接触イベでどれだけ好きなアイドルとチェキを撮ったとしても泣かない自信すら出てきた(だってこの世で1番好きなアイドルがマリウスで、そんなマリウスを前にしても涙は出なかったからね)そんなんだから、我ながら哀れなオタクだなあ…って思い始めました、、、*7

これで急速にマリウスに冷めたらネタになるけど、今のSexy Zoneに心配は無用だから担降りしないだろうな!!自信あるぞ!!待ってろ、セクシー初参戦であるSTAGEコン!!!!!

*1:というかオタクからBL目線で見られてることを自覚した上で手札にしてきたな…って確信した

*2:私の推しである、バンドじゃないもん!恋するりんご色担当・恋汐りんごちゃん

*3:テイチク時代のエイト並みのコスパの良さを感じるし、ポニキャたんが赤字にならないか心配せざるを得ない(だから渋らず軽率に買おうね)

*4:エイターだった故に毎週かかさずQRzoneを聴いていた+美絵流学園+ネットで見たレディダイMV+14年春頃の“明後日から売れそう”感の組み合わせでマリウスに担降りしたのでケンティー&マリーに血が騒ぐのはしょうがない

*5:マリウスに会えなさすぎて高性能のホログラムなのでは…?って思ってた時期があった

*6:公演毎に行われるタカラジェンヌ個人のファンミーティング

*7:逆にタカラジェンヌと遭遇した時は口から心臓が飛び出そうなくらい動揺して発熱して変な汗や涙がダラダラ出てきたので、接触イベはどうせ仕事だしって捻くれて考えてて、プラベを垣間見ることは背徳感やレア感も相まってドキドキするのか…?という自論を叩き出した

ブログを始めてみる

こんにちは、16歳です。一昨日からセンチメンタル・ジャーニーになりました。

インターネット上でのハンドルネームは“アム”です。本名に少しだけ似てる。というか小学校低学年時代に氏名の上にフリガナを書いた際にユをムに間違えてしまったところから来てる。頻繁にハンドルネームは変えてるけれど、今日から5年ぐらいは変えないように頑張ってみる。

 

アイドルと舞台が大好きなので、そういう話をする予定です。

アイドルはSexy Zoneマリウス葉とバンドじゃないもん!の恋汐りんごが主軸です。でも、スタダやハロプロや二次元にも興味はあるし、ジャニーズは全般的に分かるし、アイドルに関してはオールマイティーでありたい。恥ずかしいことにSexy Zoneもバンドじゃないもん!も現場に行ったことがないので、初現場の感想とかもここで残すぞ…!(Sexy Zoneは18日のイベントに晴れて当選したので個人的なレポは絶対にブログで残す)

舞台は親のスネをかじりまくって観れるだけ観てます。気づいたら宝塚ばっかり観てるけどミュージカルもストレートも歌舞伎も観る。宝塚の御贔屓様は月組2番手の美弥るりか*1なんですけど、トップ就任or退団のタイミングが私にとって都合の良い時期であることを願います。頼むから大学受験や就活に重ならないでくれ…!美弥るりかが退団したら宝塚は追わなくなるんだろうなってぼんやり思う反面、一生追いかけ続ける可能性がジャニーズより高いので、結論としてはどちらにせよ後悔しない程度にファンをしたい。

 

ツイッターの趣味用アカウントをちゃんと稼働させ続けなくなってから1年ぐらい経つのですが、何かを思ったり何かが起こったりする度に趣味用アカウントを作成するも、誰をフォローしていいか分からず、その癖に自己顕示欲はそれなりにあるせいで壁打ちは続かず、結局は数日後にアカウントを削除する行為をかれこれ何十回もやってる。病的に。それでも、その時に思ったことを綴って保存しとけば少し経ってから見返すと楽しいって事は知ってるんですよ。だってたまに2年前に稼働していた趣味用アカウントのTwilogを見てみると面白いもんね。だから、ツイッターじゃなくてブログにしてみる。続けられるか分からないけど、感情や感想の捌け口にする。ツイッターは大学受験が終わってから考える。しばらくはここから愛を叫ぶ。

*1:月組2番手って言いたいだけ